僕の通勤時間は10秒です

会社に依存せず自分らしく生きる

大型商品を仕入れる際に注意することは?

こんにちは、ユウイチです。

 

先週は、週3日ほど仕入れに行ってきました。

先週仕入れた商品は、大型商品が多かったです。

 

大型商品は送料がかかるし、梱包も大変なので、

あまり積極的に仕入れないせどらーさんも

いるのではないでしょうか?

 

現在は、AmazonでFBA納品時の送料無料キャンペーンをやっているので、

普段は大型商品をあまり仕入れないせどらーさんでも、大型商品を仕入れ

ケースもあるかもしれませんね。

FBA納品時の配送料無料キャンペーンへのリンク

 

大型商品をFBAで納品する際に困る事は、大型商品を入れるのに

ちょうどいいダンボールがなかなかない事です。

 

そんな場合は、無理にダンボールには入れず、商品にそのまま伝票を

貼って送ってしまった方がいいです。

 

そうすれば、ダンボールを探す必要がなく、

ダンボール代も削減できます。

 

しかし、商品に直接伝票を貼ってしまうと、商品の化粧箱に伝票跡が

残ってしまって、販売するには不適切な状態になってしまいます。

 

そういった場合、僕はホームセンターや100円均一などで売られている

ハンディラップで商品をぐるぐる巻きにして発送しています。

 

 

こんな感じです。

 

こうすると、商品に伝票跡が残らないし、配送中に商品の化粧箱が

汚れるのを防ぐことができます。

 

しかし、このまま送ると運送会社さんの方やFBAの入庫係りさんの方で、

梱包用のダンボールと間違って開封してしまう可能性があります。

 

そういった事を防ぐために、商品にこのようなシールを貼って

送っています。

 

シールには、

「この箱自体が1つの商品になっています。

誤って開府しないようにお願い致します。

このラベルは、はがせます」

と印字されています。

 

このシールを貼っているので、今まで誤って開封された事は

1度もありません。

 

ハンディラップぐるぐる巻き作戦を使うと大型商品の配送が

楽になるので、ぜひ試してみてくださいね。

 

大型商品をFBAで納品する際に注意すること

僕はせどりを始めたばかりの頃、42型と40型の液晶テレビの保護パネルを

1つずつ仕入れた事があります。

 

42型と40型ですので、かなり大きな商品です。

 

確か、仕入れ値が2,000円くらいでAmazonの販売価格が

10,000円~12,000円くらいだったと思います。

 

かなり利益が取れるので、「ラッキー!」と思って仕入れました。

 

その商品をFBAで納品したのですが、FBAで納品できるサイズの規定を

超えていたので、FBA配送センターより着払いで返送されてしまいました。泣

 

その返送の際の送料が、8,500円くらいだったと思います。

その時点で、ほぼ利益が飛んでしまいました・・・。

 

仕方なく、その商品は自己発送で出品しました。

 

その後、無事その商品は売れたのですが、購入して下さった方が

僕の地域からめちゃめちゃ遠い方だったので、そこでまたかなりの

送料がかかってしまいました。泣

 

結局、その商品は、かなりの赤字になってしまいました。

 

大型商品をFBAで納品するには、以下のようなルールがあります。

サイズ区分 商品サイズ・重量 輸送箱サイズ・重量 注記
大型 商品1点の三辺が
50cm x 60cm x 50cm以内
かつ30kg以下
50cm x 60cm x 50cm以内
かつ30kg以内
メーカー専用輸送箱については、
左記三辺サイズ規定対象外
大型 商品1点の三辺が
50cm x 60cm x 50cm以内より大きい
または、30kgより重い
※3辺合計170cm以内、40kg以内
規定なし、ただし40kg以下 ただし、商品1点につき1輸送箱
特殊大型 3辺合計170cm以上200cm未満
1辺が90cm未満
重量40kg以下
規定なし、ただし40kg以下 ただし、商品1点につき1輸送箱

※詳しくはこちらを参照してください。

Amazonの輸送箱(個口配送)の要件へのリンク

 

特殊大型というのがあって、1辺が90cm未満であれば、

3辺合計170cmから200cm未満まで納品する事ができます。

 

例の液晶テレビの保護パネルは、残念ながらこのサイズを超えていました。

 

みなさんは、このようなミスをしないように、

大型商品を仕入れる際にはFBAで納品できるサイズなのか

よく確認してから仕入れてくださいね。

 

ちなみに、このような大型商品を自己発送で配送するには、

ヤマト便がおすすめです!

宅急便の規格を超えるお荷物-ヤマト便

 

では、また。

ブログタイトルを変更しました

こんにちは、ユウイチです。

 

いつも僕のブログを読んで頂きまして、

ありがとうございます!

 

はてなブログを開始してから、約3ヶ月が経ちました。

 

それとはまったく関係ありませんが、

ブログのタイトルを変更してみました。笑

 

変更前

→僕にはタイムカードはありません

 

 

変更後

→僕の通勤時間は10秒です

 

 

あまり変わっていませんが・・・。笑

 

僕の家は、2階建てなのですが、自分の部屋が2階にあり、

せどりの出品作業などをする部屋が1階にあります。

 

1階の作業部屋までの時間が約10秒です。

 

それが、僕の通勤時間です。

 

約10秒!

 

僕はサラリーマンを辞めて独立したおかげで、

通勤ラッシュから開放されました。

 

サラリーマンを辞める時は、とても怖かったですが、

実際に辞めてみたら、なんとかなりました。

 

 

人生には、乗り越えられる壁しか現れない。

 

 

最近、この本を読んでみて、改めて思いました。

 

f:id:behappy35:20170324221118j:plain

 

以前、本せどりをしていた際に見つけた本ですが、

なかなか読むタイミングがありませんでした。

 

最近になって、何となく気になって読んでみたら、

ものすごく感動しました!

 

すごい人ほど、他の人には訪れないような試練が

次々に訪れることを知りました。

 

この本を読んだら、

「自分に起きている試練なんて、まだまだたいしたことないな」

と思いました。

 

一つ例を上げると、あの国民的人気マンガのワンピースの作者、

尾田栄一郎さんは、ワンピースを書き上げる前は、

漫画を描いても描いてもボツになっていたそうです。

 

自分の才能の無さに絶望し、

 もう、漫画家になることはあきらめよう。

そう思ったそうです。

 

そして、絶望した後に書き上げた作品が、

あの国民的人気漫画の「ワンピース」なんだそうです。

 

その他にも、ビートルズ黒澤明チャップリンエジソン

ベートーベンなど、数々の偉大な人たちの人生が書かれています。

 

みなそれぞれ、普通の人が遭遇しないような試練に遭って、

それを糧にして、大きく飛躍しています。

 

魂にとっては、絶望するような体験こそが

成長の糧になるんですね。

 

 

とても素晴らしい本なので、興味のある方は

ぜひぜひ読んでみてくださいね!

 

では、また。

 

 

 

 

商品管理ラベルの貼り間違いは重大ミス?!

こんにちは、ユウイチです。

 

先日、僕のお店から浴室の水栓器具を購入して頂いたお客様から、

このような評価を頂きました。

 

非常に良い ★★★★★

 

これを見て、あたなはどう感じましたか?

 

めちゃめちゃ感謝して下さっていますよね。

 

しかし、僕はこの評価を見て、

思わずゾッとしてしまいました・・・。汗

 

その理由は・・・

 

この文章を見ると、お客様は浴室の水栓器具が故障したので、

Amazonで水栓器具を注文し、取替工事は業者に依頼した、

と推測する事ができます。

 

しかも、水栓器具が故障していたので、お客様は生活に支障を

きたしていて、緊急性があった。

 

なので、商品が到着する日にすぐに工事ができるように、

業者に予約を入れていた、と推測する事ができます。

 

という事は、もしお客様の手元に注文した商品と違った商品が

届いてしまったら?

 

お客様は、この喜びと同じ大きさの、しかも

逆向きの感情が起きた、という事になります。

 

つまり、

メチャメチャ怒った

という事になります。

 

それに気づいた時、

思わず、ゾッとしてしまいました。汗

 

「商品が間違いなく届いて良かった~。」

 

と胸をなで下ろしました。

 

僕はFBAを利用しているので、商品はAmazonの配送センターに保管しておいて、

注文が入ったらAmazonが商品の発送を代行してくれます。

 

FBAを利用して納品するには、Amazonの配送センターに商品を納品する際に、

商品に「商品管理ラベル」というもの貼って納品します。

 

こういったラベルです。

f:id:behappy35:20170606130114g:plain

 

このラベルには、商品名、FNSKU、コンディション、バーコードラベルが

印字されています。

 

アルファベットの部分がFNSKUで、その下が商品名です。

  

このラベルは、納品プランを作成する際に、Amazonセラーセントラルから

ダウンロードして印字するのですが、かなり見づらいです。

 

商品名が印字されている部分は、商品名が長かったりすると、

商品名の途中が切れていたりして、商品の判別がしづらいです。

 

しかも、商品のJANコードが印字されていないので、

商品にラベルを貼る際に、商品のJANコード

直接照合する事ができません。

 

FNSKUとは、Amazon フルフィルメント センターで、

入出荷の際に使用している商品の識別番号なので、

商品自体にはどこにも印字されていません。

 

なので、AmazonセラーセントラルからSKUリストというものを

ダウンロードして、ラベルに印字されているFNSKUからJANコード

逆引きして、商品のJANコードと照合する必要があります。

 

この作業がかなり手間なので、SKUリストをダウンロードして

チェックしている人は、かなり少ないのではないかと思います。

 

おそらく、商品管理ラベルの商品名だけを見て、商品管理ラベルを

商品に貼っていると思います。

 

似たような商品がない場合は、それで問題ないと思いますが、

同じような商品で色違いの商品があったり、今回のように

水栓器具でも微妙に型番が違ったりした場合商品名だけで

判断するとラベルの貼り間違いをしてしまう可能性があります。

 

間違ってもたいした問題にならないような商品であれば、

返品してもらえばいいですが、今回のような緊急性のある商品で

あった場合、かなり問題が大きくなる可能性があります。

 

実際、そのような話を聞いた事があります。

 

恐いですね・・・。汗

 

ですので、出品作業をする際には、

急いで納品したい気持ちもわかりますが、

こういったケースにつながるという事も考えて、

慎重に納品作業を進めるようにしましょう!

 

 

ちなみに、僕が使っているツールのCappyは、オリジナルの

商品管理ラベルを印刷する事ができます。

 

こんなラベルです。

 

非常に見やすいですね!

 

商品画像、JANコードが印刷されているので、画像から視覚的に

確認する事ができるし、JANコードがあるので、商品のJANコード

照合しながらラベルを貼る事ができます。

 

僕はこのラベルのおかげで、ラベルの貼り間違えに気づいた事が

何度もあります。

 

Cappyを運営している会社は、BCCという会社で、出品代行も行っている

ので、出品に関するノウハウが優れているのだと思います。

 

これなら、出品作業を他の人に委託する事もできますね。

 

納品作業にミスの多い人は、Cappyを検討してみるのも

いいかもしれませんね。

 

 

では、また。

5月に売れた本の中から高値が付いた本をご紹介します!

こんにちは、ユウイチです。

 

早いもので、ゴールデンウィークから1ヶ月が

過ぎました。

 

ゴールデンウィークは、ブックオフでセールをやっていたので、

本をたくさん仕入れました。

 

約100冊ほど仕入れましたが、5月中に約半分の50冊が

売れました。

 

まずまずといったところです。

 

そんな中、先日この本が高値で売れました!

 

仕入れ値:50円

売値:5,500円

利益:4,348円

モノレートへのリンク

 

6月1日にモノレートのグラフが下がっていますが、

それが僕の本が売れた箇所です。

 

ブック〇ーケットで50円均一の棚にありました。

(ブック〇ーケットは、せどり禁止のお店があるのでご注意下さい)

 

ライバル出品者が、6,000円台で出品していましたが、

このところ売れていないようなので、5,500円に価格を

下げて出品してみたところ、わりと早く売れました。

 

僕が今まで出品した本の中で、1番利益率が高かったです。

50円の本が5,500円ですからね。

 

まあ、こういった本はなかなかありません。

 

せどりも基本は薄利多売なので、

利益200円から500円くらいの本を数百冊売っている中で、

こういったプレミア本が混ざってくる感じです。

 

プレミア本ばかり狙うよりは、

利益200円から500円くらいの本を確実に

仕入れていった方が利益が伸びてきます。

 

あるいは、自己発送で出品してゆうメールなどを利用し、

単C本(108円本)を仕入れて、Amazonが設定している本の

送料257円とゆうメールの送料の差額を利益として取っていく、

というのも1つの方法です。

 

たとえ1円まで値下がりしても、ゆうメールの送料は82円~なので、

ほぼ赤字にはならないですからね。

 

せどりをこれから始める方にとっては、本せどり

リスクが低いので、おすすめです!

 

5月に売れた本の中から利益1,000円以上取れた本の紹介

それでは、5月に売れた本の中から、利益が1,000円以上取れた本を

ご紹介致します!

 

仕入れの際の参考にしてみてくださいね。

 

グローバル経営入門 (マネジメント・テキストシリーズ) (単行本)

仕入れ値:1,160円

売値:3,224円

利益:1,031円

モノレートへのリンク

 


人間とは何か 実存的精神療法 単行本

仕入れ値:1,560円

売値:3,734円

利益:1,330円

モノレートへのリンク

 

 

コンテンツ・マーケティング64の法則 単行本

仕入れ値:1,520円

売値:3,398円

利益:1,088円

モノレートへのリンク

 


達成する人の法則 【DVD付】

(~仕事と思うな、人生と思え~ DVD-BOOK) 単行本

仕入れ値:1,248円

売値:3,137円

利益:1,169円

モノレートへのリンク

 

せどり仕入れ基準については、こちらの過去記事を

参考にしてみてください。

モノレートの見方 中古本編

 

では、また。

メーカー修理に出していた商品が戻ってきました

こんにちは、ユウイチです。

 

昨日は、家の掃除やブログ更新などをした後に、

夕方から地元のお店に仕入れに行ってきました。

 

ホームセンター2件、イトーヨーカドー、イオン、

コジマ✕ビックカメラ、ケーズ電機の合計6店舗を

まわりました。

 

昨日の仕入れ結果は、こんな感じでした。

仕入れ金 61,500円

見込み利益 36,000円

という結果でした。

 

夕方からの少ない時間でしたが、意外と仕入れられて

良かったです。

 

写真にあるスティック型掃除機は、在庫処分品でだいぶ安くなっていて、

1個あたりの見込み利益が3,500円ほど取れる商品でした。

 

写真ではわかりづらいですが、外箱に目立つような傷みがあるので、

値段を落として「ほぼ新品」で出品しようかと思っています。

 

このような箱に傷みがある場合は、必ず出品コメントに

記載しておいた方がいいですね。

 

記載しておかないと、購入者の方からクレームになるケースがあります。

 

ネット通販は、購入前に商品を直接確認できないので、

商品説明にきちんと記載しておく事がとても大切です。

 

昨日は、仕入れのついでに、以前ホームセンターにメーカー修理を

依頼しておいた商品を取りに行ってきました。

 

家電を扱っていると、時々、商品に初期不良などがあります。

 

その場合は、購入したお店からメーカー修理に出すか、

自分でメーカーに電話して、メーカー修理に出します。

 

こういった初期不良や保証期間内での故障などが時々あるので、

購入した際のレシートや販売証明書は、必ず保管しておくように

しましょう。

 

また、いつ、どのお店で買ったかわかるようにしておくと、

修理の際にスムーズに対応できます。

 

具体的には、出品する際のSKUに購入日と購入店舗を入れておいたり

すると、返品があった時に確認がし易いです。

 

昨日、メーカー修理から戻ってきた商品は、お客様から不良品という理由で

返品になったコンポでした。

それにしても、箱が汚い・・・。

返品になると、こうなってしまいます。泣

 

返送して動作確認したところ、CDを再生していると途中で音飛びがして、

再生できなくなってしまう、という不具合がありました。

 

購入したホームセンターに持ち込んで、メーカー修理をお願いしました。

 

今回の商品は、WINTECHというメーカーのコンポだったのですが、

メーカー修理をお願いしてから、3週間もかかりました。

 

だいぶ遅いです・・・。

 

以前、KOIZUMIのラジカセをメーカー修理に出した際には、

1週間ほどで修理から戻ってきました。

 

しかし、KOIZUMIのラジカセをメーカー修理に出した際には、

保証書に「補修用」という印を押されてしまいました。泣

これだと、再出品するにはどうかな・・・

と思い、結局、このラジカセは自分で使っています。

 

まあ、コンディションを落として、商品説明に記載すれば

出品できなくもないですが、利益も出ないので、この商品の

再出品は諦めました。

 

今回のWINTECHのメーカー修理に出した商品は、

保証書にこのような印を押されなかったので、

動作確認をして問題なかったら、「非常に良い」

あたりで再出品しようと思います。

 

このところ、返品になる商品がとても多いです。

去年は、それほどでもなかったのですが。

 

直近の3ヶ月以内に返品になった商品を確認したところ、

15件ほどありました。泣

 

この中で、初期不良で戻ってきたのが2件で、

うち1件は、今回メーカー修理から戻ってきた商品です。

 

もう1件は、まだ動作確認をしていません。

 

こういった初期不良やメーカー修理が必要な場合は、

一度、自分でメーカーさんに電話して修理を依頼する、

という経験をしておくといいです。

 

そうすると、お客様からメーカー修理に関する問い合わせがあった場合に、

メーカー修理に出す際の手順が理解できているので、お客様に説明しやすいです。

 

面倒がらずに、ぜひ自分でメーカー修理を依頼してみてください。

とてもいい経験になりますよ。

 

話は戻って、返品理由を確認すると、

「拒絶されました」

Amazonより安い商品を見つけた」

「配達できませんでした」

「性能や品質が良くない」

「注文した商品と違う商品が届いた」

 

・・・。

 

「性能や品質が良くない」は、メーカーさんの問題です。

 

「注文した商品と違う商品が届いた」というのもありますが、

確認したら全然間違っていませんでした。泣

 

ちなみに、中古CD・DVDは意外に返品が少ないです。

今までで返品になったのは2回だけです。

 

そのうちの1回は、この中の「配達できませんでした」

というものです。

 

Amazonで販売していると、返品はつきものなので、

気持ちを切替えていくしかないですね。

 

お客様からメーカー修理などの依頼が合った場合は、

アフターサービスもとても大切な仕事なので、

誠心誠意対応するようにしましょう!

 

小さな信頼の積み重ねがとても大切です!

 

では、また。

入力作業を効率化するテキスト入力支援ツールを活用しよう

こんにちは、ユウイチです。

 

今日は、出品コメントや定型文を作成する際に

とても便利なテキスト入力支援ツールをご紹介

いたします。

 

f:id:behappy35:20170531141559p:plain

 

テキスト入力支援ツールを使えば、入力作業の効率化や

入力ミスの予防にもなります。

 

いろいろな場面で活用できますので、ぜひ活用してみて

くださいね。

 

詳しくは、こちらのリンクからご覧ください。

 

入力作業を効率化するテキスト入力支援ツールを活用しよう | ネットビジネスで起業する

 

では、また。

ビームで検索していたら注意されてしまいました・・・

こんにちは、ユウイチです。

 

先週の土曜日に、高速で1時間半くらいの場所まで遠征して

仕入れに行ってきました。

 

以前にも何度か仕入れに行っている地域なのですが、

その日は、いつも降りるインターより手前で降りて、

都市部から離れたお店からまわってみました。

 

僕の経験から、こういった都市部からちょっと離れたお店には、

仕入れられる商品が意外にもある場合が多いです。

 

どのせどらーさんもなるべく効率的にお店をまわりたいと思っているので、

こういった離れた場所にあるお店には、あまり行かないものです。

 

そういった理由から、この日はちょっと冒険してみました。

 

そうは言っても、予想が外れる事もあるので、

こういうのは掛けですね。

 

仕入れって、「絶対仕入れてやるぞ!」と気合の入っている時って、

けっこう外す事が多いです。

 

僕だけかもしれませんが。笑

 

逆に、「まぁ、仕入れられなくてもいいか」とちょっと力の抜けた

感じの時の方が、案外仕入れられたりします。

 

よく「緊張しないようにしよう」とすればする程、

緊張してしまうのと同じかもしれません。

 

何事も「執着を手放す」

というのが大事ですね!

 

という事で、都市部から離れたお店に行ってみたのですが、

これが正解でした!

 

まあ、大きな額は仕入れられませんでしたが、

1店舗目から水筒を十数個仕入れる事ができました。

 

水筒は、とても回転がいい商品なので、僕の好きなジャンルです。

1店舗目から見込み利益で7,500円くらい仕入れる事ができました。

 

やっぱり、1店舗目から仕入れられると、精神的に楽になります。

しかも、高速を使っているので、経費もそれなりに掛かっていますので。

 

この1店舗目だけで、今日の黒字は確定しました!

 

冒険して良かった~。

 

その後、都市部へ徐々に向かいながら、いつもの仕入れルート通りに

お店をまわりました。

 

そのルートの中にあるブックオフに行ってみたら、

週末限定の全品20%オフセールをやっていました!

 

ゴールデンウィークの20%オフセールでけっこう仕入れられたので、

「これは期待できるぞ!」と思って、意気揚々と検索してみたのですが、

結果はなかなか利益の出る商品が見つからず、プロパー本を6冊ほど

仕入れられただけでした。

 

そのお店だけにそんなに時間を掛けられないので、検索していない

棚もまだまだありましたが、見切りを付けて違うお店に行きました。

 

まあ、渋いお店は早めに見切った方が、経験上いいですね。

 

そしたら、次に行ったホームセンターで

家電を数点仕入れる事ができました。

 

やっぱり、渋いお店は早めの見切りが大事だなぁ、

なんて改めて思いました。

 

その日は、ホームセンター4件、ブックオフ1件、ケーズデンキ1件、

ヤマダ電機1件、コジマ✕ビックカメラ2件、イオン1件と周り、

見込み利益36,000円ほど取れていました。

 

最後にブック◯ーケットに行って中古CD、DVDを仕入れ

帰ろうと思い、ブッ◯マーケット行きました。

 

最後に◯ックマーケットを選んだのは、ブックマーケッ◯は、

営業時間が遅くまでやっているからです。

 

(◯が微妙に移動しているので、バレバレですが・・・。)

 

仕入れルートを作る時は、こういったお店の営業時間も

考慮する必要があります。

 

閉店時間の早いお店は、序盤の方にまわるようにして、

閉店時間の遅いお店は、終盤の方にまわるようにすると、

1日の時間を有効に使う事ができます。

 

これ、けっこう大事ですよ!

 

しかし、ブックマ◯ケットでビームを使ってDVDを検索をしていたら、

お店の人が寄ってきて、「当店はサーチ行為は禁止行為です」と

言われてしまいました。泣

 

その時は、時間も遅かったので、他のお客さんもほとんどいませんでした。

しかも、僕がDVDを検索していた場所は、お店の奥の方の場所で、

店員がいるカウンターからも見えない場所でした。

 

検索の仕方もブルートゥースのイヤホンに音声を飛ばしながら

検索していたので、あまり目立たないはずです。

 

それでも、そのお店では注意されてしまいました。

 

そのお店はせどらーさんがけっこう来るのかな、

なんて思いながら、せっかく検索して見つけたDVDを棚に

戻してお店を出てきました。

 

お店から出てくる際に入り口を見てみたら、

「当店は携帯電話による撮影等は、他のお客様のご迷惑になるので、禁止させて頂いております。」

というような意味合いの貼り紙が貼られていました。

 

「他のお客様もいなかったし、携帯電話じゃなくてiPhoneとビームなんだけど・・・。」

と1人で屁理屈を言いながら、車に乗りました。

 

せどり禁止になると仕入れ店舗が減ってしまうので、

せどりをする際は、お店や他のお客様の迷惑にならないように

やらないといけませんね。

 

とは言え、せどり自体に違法性はないので、

マナー良くやれば問題ありません。

 

お店にとってもたくさんお金を使ってくれるせどらーさんは、

いいお客さんのはずですからね。

 

お店の人から好かれるように、

そして、お店と共存・共栄できるように

マナー良くせどりをして行きましょう。

 

ということで、この日の最終的な仕入れ結果は、

こんな感じでした。

 

では、また。