読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

せどりの商品リストでは稼げない!?

今日は、よく特典や情報商材みたいな形で配布されている

商品リストについての僕の意見を述べてみたいと思います。



私のメルマガに登録してくれたら、

「私が今まで稼いだ商品リストをプレゼントします!」



私から商品を買ってくれたら

「激アツの商品リストをプレゼントします!」

 

みたいなの、よく見ますよね?



正直、あれ貰ってもほとんど稼げません。

 

あれ、お茶で言えば「出しがら」です。

残りの「カス」です。



その商品リストを持って仕入れに行っても、

同じ商品はまずありません。

 

なぜって、せどりで利益の出る商品ってだいたいが

在庫処分品、廃盤商品、プレ値商品です。

 

割合的にいっても在庫処分品、廃盤商品がほとんどです。



普通に売っている商品で利益の出る商品というのは、

ほとんどないです。

 

プレ値商品以外は。

 

で、プレ値商品というのは、どこに行ってもないから

プレ値商品なんです。

 

なので、いくらプレ値商品を探しても、

なかなか見つかりません。

 

たまに見かける事もありますが。

 

とういうことで、利益の出る商品というのは、

だいたいがお店の在庫処分品なんですね。

 

在庫を早く売りさばきたくて

通常よりだいぶ値段を下げて販売しています。

 

値下がっている商品を仕入れて、需要のあるネットショップなどで

通常価格の相場に戻して販売して、その利ざやを取るわけです。



お店が早く売りさばきたい理由としては、

  • 新商品が出たので、売り場のスペースを空けて商品を入れ替えたい。
  • 在庫過多のため、早く売りさばいて現金化したい。
  • 決算時期なので、できるだけ在庫を減らしたい。
  • 長期間在庫として持っていても売れ行きが悪いので、値段を下げて早く売りさばきたい。

 

などの理由があるかと思います。

 

他にも理由はあるかと思いますが、

まあ、ざっとこんな感じではないかと思います。



旧型の商品を在庫処分したという事は、

もうその商品は生産終了しているか、

ほとんど入荷しない事の方が多いです。

 

商品リストに載っている商品も

在庫処分品が多いと思います。

 

なので、すでに売れてしまっている可能性が高いため、

同じ商品を探してもまず見つからない

というわけです。

 

在庫過多のため在庫処分したい場合は、

同じ企業であっても店舗によって在庫の残り具合が違っています。

 

なので、どの店舗でも同じく在庫が残っている

という事は少ないです。

 

そういう場合は、お店の人に言って他店から取り寄せてもらえば、

もしかしたら仕入れられるかもしれません。

 

という事で、特典の商品リストを持って仕入れに行っても

同じ商品は、なかなか見つかりません。

 

じゃ、特典の商品リストは意味ないじゃん!

 

って思うかもしれませんが、多少は使い道があります。

 

どのように生かすかというと、

 

「リストに載っている商品は、売り場のどのコーナーに置かれているか?」

 

に着目してみて下さい。

 

同じ商品は見つからないかもしれませんが、

同じコーナーの同じようなジャンルの商品は、

もしかしたら仕入れられる可能性があります。

 

例えば子供用の自転車が特典リストに載っていた場合、

同じ自転車は見つからないかもしれませんが、

今まで自転車コーナーなど検索すらしてなかったが、

検索してみたら利益の出る商品を見つけた、など。

 

今までスルーしていたジャンルの商品を検索する。

 

そのように活用すれば、きっとその商品リストを

活用できるようになるかと思います。

 

あとは、中古せどりをやられている方にとっては、

商品リストは役に立つかもしれません。

 

新品が出回ってないので、中古ショップなどで売られていて、

プレ値が付いている商品の場合は、その商品リストは

もしかしたら活用できるかもしれませんね。

 

ぜひ、そういった観点から商品リストを活用してみてくださいね。