読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

せどりの仕入れに使う金額は?

ユウイチです。

 

よくせどりのブログとかで

「月商1000万円達成!」

とか

「月収100万円せどらー!」

みたいなの、見かける事がありますよね。

 

そういうのを見ると、「おぉー、すげぇー!」

って思いますよね?

 

僕も以前はそう思っていました。

特に初心者の頃は。

 

けれど今は、素直に「すげぇー」って思えなくなりました。

なぜっていうと、月商がそれだけすごい金額になっているって事は、

仕入れ金額もハンパなくすごい事になっているからです。

 

せどりをこれから始めようと思っている人は、

毎月仕入れにどのくらいお金を使うか想像つきませんよね?

 

僕もせどりを始めた頃は、この仕入れに使う金額について

全然考えてもいませんでした。

 

仕入れ金額の大きさを自慢しているせどらーさんも

いませんでしたので。笑

 

では、せどりって、だいたいどのくらい仕入れにお金を使うかというと、

新品せどりの場合、だいたい粗利益率が10%から25%ぐらいに

なるかと思います。

 

まぁ、平均的な数字として粗利益率20%として考えてみましょう。

 

月商100万円とすると粗利益率20%の場合、

粗利益は20万円になります。

 

それで、Amazonせどりの場合、Amazonマーケットプレイスを利用させて

もらう代わりに、Amazonに販売手数料というものを支払います。

 

この販売手数料は、商品のカテゴリーによって違いますが、

だいたい8%から15%くらいになります。

 

詳しくはこちらのリンクで確認して下さい。

Amazon販売手数料へのリンク

 

いちばん多い商品が、手数料15%の商品です。

 

それで、出品する際には、自己発送とFBAという

2種類の販売方法があります。

 

自己発送というのは、在庫を自分のお店で保管しておいて、

注文が入ったら自分で発送する方法です。

 

もう一つのFBAというのは、商品をAmazonの倉庫へ納品し、

注文が入ったらAmazonの倉庫から商品を発送する方法です。

 

セラーさんは、商品をAmazonの倉庫へまとめて納品します。

注文が入ってからお客様への商品の発送は、Amazonが代行して

くれます。

 

また、FBAを利用するとお客様からの問い合わせもAmazon

代行してやってくれます。

 

とても便利なサービスでFBAを利用しているセラーさんも

多いです。

 

このサービスを利用するには、AmazonにFBA料金という

手数料を支払います。

 

このFBA手数料と販売手数料を合わせると、カテゴリーごとの

販売手数料によって変わってきますが、大雑把に計算すると

だいたい販売金額の約20%くらいになります。

 

という事は、自分の粗利益率とだいたい同じくらいの金額になります。

 

月商100万円とするとAmazonに支払う手数料は、

約20万円くらいになります。

 

自分の粗利益率とAmazonの手数料率を合わせると

約40%くらいになります。

 

そうすると残りの約60%が仕入れ金額になるわけです。

 

だいたいの計算ですが、月商100万円達成するためには、

毎月の仕入れに約60万円くらい使う必要があるわけです。

 

月商500万円行くためには、毎月の仕入れに使う金額は、

500万円 ✕ 0.6=約300万円

くらい使う必要があります。

 

月商1000万円行くためには、毎月の仕入れに使う金額は、

1000万円 ✕ 0.6=600万円

くらい使う必要があります。

 

という事は、

毎月カードの請求が約600万円くらい来るわけです。

 

めっちゃ怖いですよね。汗

 

毎月600万円もカードの請求が来るんですよ。

 

これが、利益率10%だとしたら、毎月のカードの請求が

約700万円くらいになります。

 

月商1000万円!って言っているせどらーさんは、

だいたいこのくらいのお金を動かしているわけです。

 

僕は正直、怖くてこんな大きな金額は

動かせません。汗

 

僕だったら、

「病気をしたり、事故に遭ったりしたら、

どうやってカードの請求を払うのだろう?」

って考えてしまいます。

 

月商1000万円くらいのスケールでせどりをしている

せどらーさんは、かなりメンタルが強いように思います。

 

せどりで大きく稼ぐためには、そのくらいのお金を動かす

必要があるわけです。

 

そういった点から考えると、普通の人はせどりは副業レベルで

無理のない範囲でやった方がいいように僕は思います。

 

この記事を読んで下さっているあなたは、

どう思いましたか?

 

自分に合った無理のない範囲で

せどりをしてくださいね。

 

ではでは。