読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2017.4.6-2017.4.7 せどり仕入れ結果

こんばんは、ユウイチです。

 

最近、だいぶ暖かくなってきて、

桜の花が咲き始めました。

 

桜の花って、なんか新しい何かが始まる感じがして、

僕はとても好きです。

 

昨日あたりから体調もだいぶ良くなってきたので、

昨日、今日と仕入れに行ってきました。

 

昨日は、午後1時過ぎから地元のお店をまわって、

今日は、車で1時間半くらいかけて仕入れに行ってきました。

 

昨日、今日と新品商品がほとんど見つからず、

仕入れられたのは、中古CD、中古DVDがほとんどでした。

 

仕入れは、こんな感じでした。

中古CDと中古DVDだけで

合計15点、見込み利益27000円ほどでした。

 

この他に展示品の電子辞書2個と

展示品のプリンターを1台仕入れました。

 

昨日行った地元の中古ショップは、前回仕入れに行ってから

2週間くらい開けて行ったのですが、今まで見たことのない

商品があったので、おそらく新しく入荷したのだと思います。

 

なので、そこそこ仕入れられました。

 

今日行った中古ショップは、今まで一度も行った事のない

お店でした。

 

今日は、中古CDはあまり見つけられませんでしたが、

中古DVDを結構見つける事ができました。

 

中古DVDの仕入れも中古CDの仕入れ方と似ているので、

中古CDせどりの知識が応用できます。

 

昨日、今日と新品商品がまったくといっていいほど

見つかりませんでした。

 

こんなに無いのも珍しいです。

 

中古CDせどりを覚えていなかったら、

2日間ともボウズだったかもしれません。

 

やっぱり安定して仕入れられるようになるには、

新品だけではなく、中古も扱った方がいいなと

改めて感じました。

 

ただ、中古商品は出品がけっこう手間がかかります。

 

新品の場合は出品コメントは、ほとんど同じものを使いまわしできますが、

中古商品の場合は、商品によってコンデションが違うので、1つ1つ

商品の状態を確認しながら商品説明を書いて行かないといけません。

 

最初の頃は、1つ1つ手入力をしていましたが、出品ツールのCappyを

使用するようになってから、このコンデション説明の作成が楽に

なりました。

 

Cappyというツールは、BCCという会社で運営しているのですが、

BCCは出品代行サービスも行っているので、出品に関しての知識が

豊富なように思います。

 

なので、Cappyは他の出品ツールに比べて、出品に関しての機能が

実践的で優れているように思います。

 

コンデションを説明するテキスト文の雛形があらかじめ用意されていて、

パーツを組み合わせるように、そのテキスト文をクリックしながら

コンディション説明文を作っていきます。

 

テキスト文の雛形は、自分でカスタマイズできるので、自分がよく

使うコメント文を事前に登録しておく事ができます。

 

この機能は、中古品を扱う人には特に便利な機能です。

 

今日、ホームセンターに仕入れに行った時に、

とてもかわいい子犬がいたので、思わず写真を

撮ってきてしまいました。

 

めちゃめちゃかわいいです。

 

僕は、子犬とか観賞魚などが見れるホームセンターでの

仕入れが一番好きです。

 

明日も仕入れに行く予定です。

 

ではでは。