僕の通勤時間は10秒です

会社に依存せず自分らしく生きる

仕入れはモノレートの見方が大事!

ユウイチです。

 

せどりには、店舗せどりと電脳せどりがありますが、

僕は店舗せどりの割合が100%なので、よくお店に

仕入れに出かけます。

 

以前は、電脳せどりもやっていましたが、

電脳せどりは、僕はすぐに飽きてしまって、

お菓子ばかり食べてしまいます。笑

 

なので、よく仕入れにお店に出かけるのですが、

出先でお腹が痛くなる事が時々あります。

 

以前、イエローハット仕入れに行った際にお腹が痛くなり、

イエローハットのトイレに入りました。

 

用を足して、ウォシュレットを使い終わって水を止めようとしたら、

どうやらウォシュレットが故障しているらしく、どのボタンを押しても

水が止まらなくなりました。

 

水が止まらないので、軽いパニック状態になってしまい、

お尻を出したまま、ずっとお尻を洗っていました。笑

 

「どうしよう?」と思っていたら、名案が浮かびました。

 

「ウォシュレットをコンセントから抜いてしまえばいいんだ!」

 

という事で、無事トイレから出る事ができました。

 

仕入れに行っていると、たまにこういったハプニングが

起きる事があります。

 

電脳せどりでは、こんなハプニングは起きません。

なので、僕は店舗せどりの方が好きです。笑

 

という事で、今日も車で片道1時間半くらいかけて

仕入れに行ってきました。

 

今日の仕入れ結果は、こんな感じでした。

今日は、見込み利益で85,000円ほど取れました。

 

大型商品が多かったので、車のトランクが荷物で

一杯になってしまいました。

 

今日は、1店舗目から調子良く仕入れられ、1店舗目だけで

見込み利益25000円ほど仕入れられました。

 

1店舗目から仕入れられると、その日1日の仕入れ

だいぶ楽になります。

 

最近、渋い仕入れが続いていたので、

「我慢した甲斐があったなぁ。」と少しホッとしました。

 

まあ、こんなふうに仕入れられる日もあるし、悪い時も

あるので、いちいち一喜一憂しないで、淡々と仕入れ

する事が大事です。

 

今日は、後半に行ったホームセンターで炊飯器が安くなって

いるのを見つけたので、検索してみました。

 

この商品なのですが、

仕入れ値 12800円

FBA最安値が17198円で

見込み利益が1714円取れる商品です。

 

大型商品で、なおかつ利益率が低めなので、

通常は見送りたい商品です。

 

しかし、ランキング良く、モノレートで確認してみると

1ヶ月に21個ほど売れているようなので、出品すれば

1ヶ月以内に売れる確率が大きいので、仕入れようと

思いました。

 

写真の赤丸の部分が、新品の売れた個数です。

カッコ内が1ヶ月に売れた個数で、その左側の40は

3ヶ月に売れた個数です。

 

モノレートから読み取ると、

直近の1ヶ月に21個売れた実績があります。

 

他のFBA出品者の在庫数を確認すると、最安値付近の

出品者の総在庫数は16個なので、直近の実績から

すると1ヶ月以内に売れる確率が高いと判断できます。

 

ちなみに、このツールはせどりすとプレミアムです。

いろいろな情報が表示されて、非常に便利です!

 

しかし、モノレートをよく見てみると、

出品者数が急増しています。

出品者数の赤丸の部分なのですが、最近になって

急に出品者が増えているのがわかります。

 

また、その下のモノレートユーザーのグラフを見ると、

急激にモノレートユーザーが増えているのがわかるかと

思います。

 

このモノレートユーザーというのは、この商品をモノレートを使って

調べた人の人数が表示されるようになっています。

 

グラフを見ると、モノレートユーザが急に300人を超えています。

この増え方は異常です。

 

モノレートユーザーが増えた直後に出品者数が急に

増えているので、おそらくは、この商品が全国的に

セール品か何かで一斉に安売りされたのではないか?

と予想する事ができます。

 

こういう場合は、出品者数が増えて、値下がりする可能性が

高いです。

 

なので、この商品は仕入れずに見送る事にしました。

 

また、モノレートユーザーが300人というのは、

ちょっと異常な数字です。

 

もしかしたら、どこかでセミナーなどがあって、

この商品を一斉にモノレートで確認したという

可能性もあります。

 

まあ、いずれにしても、ちょっと危険な感じがしたので、

仕入れは見送りました。

 

このように、仕入れはモノレートの読み方がとても大事に

なってきます。

 

モノレートの読み方は、人それぞれ違うので、僕の読み方が

絶対ではありません。

 

人それぞれ読み方が違うので、その辺が面白いところでも

あります。

 

仕入れと販売を繰り返し、時には失敗をしながら経験を積んで

モノレートの読み方を覚えていきます。

 

このモノレートの読み方さえ間違わなければ、せどり

ほとんど赤字になる事はありません。

 

こんな便利なツールを作ってくれた人に感謝ですね。

 

今後もモノレートの読み方をいろいろなケースを

交えて説明していきたいと思います。

 

ご参考になりましたら、幸いです。

 

では、また。