僕の通勤時間は10秒です

会社に依存せず自分らしく生きる

本を売るならブックオフ~♪ よりAmazon!

ユウイチです。

 

みなさんは、読み終わった本や不要になった本は、

どうしていますか?

 

古新聞と一緒に廃棄していますか?

それとも、ブックオフなどの古本屋に売っていますか?

 

僕はせどりをする前は、

読み終わった本は廃棄していました。

 

以前、家の片付けをした際に、不要になった本がたくさん

あったので、ブックオフに売りに行った事がありました。

 

数十冊をブックオフに持っていき、

「これは、結構なお金になるぞ!」と期待していました。

 

本の査定が終わったので、楽しみにカウンターに行ったら、

「全部で100円です。」って言われました。

 

マジか・・・。

 

あんなに本を持っていったのに。

しかも、けっこう高額な本もあって、1冊4000円以上する

本も何冊かありました。

 

中古本の買い取りって、こんなに安いのか?

とがっかりして帰ってきた思い出があります。

 

それ以来、不要になった本がある場合は、

ブックオフには持っていかず、すべて廃棄するように

なりました。

 

今考えると、とてももったいない事をしたなぁ、

と思います。

 

せどりを知った今は、あの本をAmazonで売っていたら、

結構なお金になったなぁ、と思っています。

 

もし、みなさんも読み終わった本や不要になった本が

家にあったなら、Amazonで販売してみたらいかがでしょうか?

 

売れ筋の本なんかは、出品してすぐに売れるので、

結構面白いですよ。

 

こんなに簡単に売れるのか!

とビックリすると思います。

 

不要な本をAmazonで売るには、以前の記事で紹介した

自己発送で売るのがいいと思います。

 

家で本を保管しておいて、注文が入ったら発送すれば

いいので、注文が入るまで手数料などもかからないし、

自己発送なので、Amazonに保管料なども支払う必要が

ないので、余計なお金はかかりません。

 

Amazonの販売価格を調べる

 

では、自宅にある本を売ったらいくらくらいになるのかを

調べて見ましょう。

 

サンプルとして、僕の本棚にあったこの本を例にして

見てみましょう。

 

「非常識な成功法則」

神田昌典

JAN:9784894514652

 

まず、Amazonの商品ページで他の出品者の

販売価格を調べます。

販売ページを見ると、良いのコンディションの自己発送最安値が

720円になっていました。

 

プライムと書いてあるのは、FBA出品者なので、

販売価格+送料257円と記入のある自己発送の出品者を見ます。

 

また、本は基本的には同じサブコンディションの

最安値で出品します。

 

サブコンディションとは、

ほぼ新品

非常に良い

良い

などの中古品の状態を表すコンディションの事です。

 

ちなみに、ただのコンディションとは

新品

中古品

のいずれかを表す時に用います。

 

また、本は少なくても最安値から2、3番手までの

価格設定にしておかないとなかなか売れません。

 

なので、基本は最安値の価格に合わせます。

 

それから、本のコンディションを決める際には、

Amazonのコンディションガイドラインを参考に

決めます。

 

Amazonコンディションガイドラインへのリンク

 

僕は、本のコンディションを決める際には、

以下のように決めています。

 

・ほぼ新品

文字通り、ほとんど使用感のない新品同様の場合。

 

・非常に良い

スレ傷や汚れなどがほとんどなく、とてもきれいな状態。

 

・良い

多少の使用感があるが、比較的きれいな状態。

 

・可

書き込みがあったり、汚れ・シミなどが目立つような状態。

 

僕は、ほとんどの本は「良い」で出品しています。

かなりきれいな本は、「非常に良い」で出品しています。

 

Amazonのコンデションガイドラインより1ランクから

0.5ランクぐらい落とした感じで出品しています。

 

利益を計算してみる

販売価格が決まったら、次に利益を計算してみましょう。

利益を計算する場合は、FBA料金シュミレーターというものを

使用します。

 

発送方法が自己発送なので、FBA料金シュミレーターの自社発送の方に

入力して計算します。

 

FBA料金シュミレーターへのリンク

 

実際に、販売価格と配送料を入力してみました。

配送料は、クリックポストを使用したとして、

164円で計算してみました。

 

商品代金の欄に販売価格の720円を入力します。

そして、配送料の欄にクリックポストの料金の164円を入力します。

 

本の仕入れ原価は、家にあった不要の本なので0円で計算してみます。

商品原価の欄に0円と入力します。

 

そうすると、純利益は716円と表示されました。

 

なんと、不要な本が716円になりました!

 

 

 

本の商品ランキングを確認してみる

利益が分かったら、次に本の人気度がわかる

ランキングを確認してみましょう。

 

本のランキングを確認する場合は、

モノレートで確認します。

 

モノレートへのリンク

 

この本のモノレートの表示は、こんな感じでした。

 

Amazonランキングが3145位の超人気本でした。

 

ランキングを表すグラフもかなり波打っていますので、

かなり売れている本という事がわかります。

 

ランキングを表すグラフが下がっている箇所が、

本が売れた事を表しています。

 

出品者数にもよりますが、本の場合、10万位以内であれば、

1ヶ月以内にはほぼ売れます。

 

この本のように3000位くらいだと、1週間以内くらいには

売れるのではないでしょうか。

 

ただし、出品者数が30名くらいいるので、売れるまでに

もう少し時間がかかるかもしれません。

 

まあ、この本は売れるのは間違いありません。

 

こんな感じで、不要な本がいくらくらいで、

どのくらいの期間で売れるのかが、ある程度予測できます。

 

Amazonで販売するのは、思っているより簡単なので、

自宅に不要な本があったら、古本屋に売るよりも

Amazonで販売してみるのがいいと思います。

 

Amazonの出品者用アカウント登録などについては、

今後、別の記事に記載してみたいと思います。

 

では、また。