僕の通勤時間は10秒です

会社に依存せず自分らしく生きる

大型商品を仕入れる際に注意することは?

こんにちは、ユウイチです。

 

先週は、週3日ほど仕入れに行ってきました。

先週仕入れた商品は、大型商品が多かったです。

 

大型商品は送料がかかるし、梱包も大変なので、

あまり積極的に仕入れないせどらーさんも

いるのではないでしょうか?

 

現在は、AmazonでFBA納品時の送料無料キャンペーンをやっているので、

普段は大型商品をあまり仕入れないせどらーさんでも、大型商品を仕入れ

ケースもあるかもしれませんね。

FBA納品時の配送料無料キャンペーンへのリンク

 

大型商品をFBAで納品する際に困る事は、大型商品を入れるのに

ちょうどいいダンボールがなかなかない事です。

 

そんな場合は、無理にダンボールには入れず、商品にそのまま伝票を

貼って送ってしまった方がいいです。

 

そうすれば、ダンボールを探す必要がなく、

ダンボール代も削減できます。

 

しかし、商品に直接伝票を貼ってしまうと、商品の化粧箱に伝票跡が

残ってしまって、販売するには不適切な状態になってしまいます。

 

そういった場合、僕はホームセンターや100円均一などで売られている

ハンディラップで商品をぐるぐる巻きにして発送しています。

 

 

こんな感じです。

 

こうすると、商品に伝票跡が残らないし、配送中に商品の化粧箱が

汚れるのを防ぐことができます。

 

しかし、このまま送ると運送会社さんの方やFBAの入庫係りさんの方で、

梱包用のダンボールと間違って開封してしまう可能性があります。

 

そういった事を防ぐために、商品にこのようなシールを貼って

送っています。

 

シールには、

「この箱自体が1つの商品になっています。

誤って開府しないようにお願い致します。

このラベルは、はがせます」

と印字されています。

 

このシールを貼っているので、今まで誤って開封された事は

1度もありません。

 

ハンディラップぐるぐる巻き作戦を使うと大型商品の配送が

楽になるので、ぜひ試してみてくださいね。

 

大型商品をFBAで納品する際に注意すること

僕はせどりを始めたばかりの頃、42型と40型の液晶テレビの保護パネルを

1つずつ仕入れた事があります。

 

42型と40型ですので、かなり大きな商品です。

 

確か、仕入れ値が2,000円くらいでAmazonの販売価格が

10,000円~12,000円くらいだったと思います。

 

かなり利益が取れるので、「ラッキー!」と思って仕入れました。

 

その商品をFBAで納品したのですが、FBAで納品できるサイズの規定を

超えていたので、FBA配送センターより着払いで返送されてしまいました。泣

 

その返送の際の送料が、8,500円くらいだったと思います。

その時点で、ほぼ利益が飛んでしまいました・・・。

 

仕方なく、その商品は自己発送で出品しました。

 

その後、無事その商品は売れたのですが、購入して下さった方が

僕の地域からめちゃめちゃ遠い方だったので、そこでまたかなりの

送料がかかってしまいました。泣

 

結局、その商品は、かなりの赤字になってしまいました。

 

大型商品をFBAで納品するには、以下のようなルールがあります。

サイズ区分 商品サイズ・重量 輸送箱サイズ・重量 注記
大型 商品1点の三辺が
50cm x 60cm x 50cm以内
かつ30kg以下
50cm x 60cm x 50cm以内
かつ30kg以内
メーカー専用輸送箱については、
左記三辺サイズ規定対象外
大型 商品1点の三辺が
50cm x 60cm x 50cm以内より大きい
または、30kgより重い
※3辺合計170cm以内、40kg以内
規定なし、ただし40kg以下 ただし、商品1点につき1輸送箱
特殊大型 3辺合計170cm以上200cm未満
1辺が90cm未満
重量40kg以下
規定なし、ただし40kg以下 ただし、商品1点につき1輸送箱

※詳しくはこちらを参照してください。

Amazonの輸送箱(個口配送)の要件へのリンク

 

特殊大型というのがあって、1辺が90cm未満であれば、

3辺合計170cmから200cm未満まで納品する事ができます。

 

例の液晶テレビの保護パネルは、残念ながらこのサイズを超えていました。

 

みなさんは、このようなミスをしないように、

大型商品を仕入れる際にはFBAで納品できるサイズなのか

よく確認してから仕入れてくださいね。

 

ちなみに、このような大型商品を自己発送で配送するには、

ヤマト便がおすすめです!

宅急便の規格を超えるお荷物-ヤマト便

 

では、また。